• ホーム
  • 低用量ピルは賞味期限に気をつけ名古屋の病院で処方

低用量ピルは賞味期限に気をつけ名古屋の病院で処方

2020年03月15日

低用量ピルは避妊目的ばかりではなく、肌荒れや月経に関係する不快な症状を正す目的でも用いられます。
ホルモン量が少ないピルなので、体もスムーズに慣れやすく、急な服用による頭痛や吐き気、むくみなどのマイナス面が少なくなっているのが特徴です。
しかし、それでも低用量ピルは薬です。
効果をしっかりと発揮できる、安全に服用できる期間、つまり賞味期限のようなものの目安があります。
これを意識しておくと安全で体にも負担がありません。

名古屋でも利用している女性は多くなっており、低用量ピルでニキビ改善や旅行に月経があたらないようになどの理由で、日常的ではない服用の方もいますので、処方してもらったはいいが長く眠っているような状態もあります。
毎月、コンスタントに処方してもらい服用する場合はまず気にしなくてもいいですが、たまに利用する、まとめて処方してもらった場合などは念のためにチェックした方が良いでしょう。

まずは薬のパッケージに書いてある場合です。
シートに打刻されている薬もあります。
その場合はその賞味期限に従いましょう。
しかし、それがない場合は多いです。
そのようなときには処方してもらってから半年程度を目安にすると良いでしょう。

安定性の高いピルなので本来は半年以上、安全な薬です。
しかし、湿気や紫外線などもあるので、念のために半年程度を賞味期限とした方が安心できます。

名古屋には多くのピルを処方するクリニックがあります。
いつでも品質の良いピルを手に入れることができます。
名古屋で自分に合ったクリニックを見つけて、相談やコンスタントに処方してもらえる場を持っておくと良いでしょう。
そうすれば安心して服用して、快適な生活を送ることができます。