公開履歴
ニコニコしている女性

低用量ピルは、避妊薬として使用されますが、生理周期の安定や生理痛の軽減など、さまざまな効果があることが知られています。
低用量ピルを賢く活用するために、その仕組みを理解しておきましょう。
低用量ピルには、2種類の女性ホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
ピルを服用すると、血中のホルモンが増えるため、視床下部が排卵後であると判断して、新たな排卵が起こらなくなります。
生理は、卵子が受精しなかった場合に、子宮内膜がはがれて月経血となって体外に排出されたものです。
子宮内膜は、女性ホルモンによって、着床に備えて徐々に厚くなり生理前には1cmほどにもなります。

低用量ピルに含まれている女性ホルモンは、子宮内膜を厚くすることはありませんが、生成して維持する作用はあります。
このため、休薬期間中には子宮内膜が維持できずに、消退出血として排出されます。
低用量ピルは、21日間実薬を続けて服用し、7日間偽薬を服用または休薬しますので、規則正しい生理周期になるのです。
低用量ピルの服用により、子宮内膜の厚さが抑えられるため、すり抜け排卵が起こった場合にも、受精卵が着床しにくくなり、避妊効果が上がることになります。
増殖した子宮内膜には、子宮を収縮させて痛みを引き起こす物質が含まれますが、子宮内膜が厚くならなければ、この物質が少なくなり、生理痛も軽減します。
また、出血量は少なくなったり、出血量がゼロになることもあります。
このため、低用量ピルは月経困難症の治療に使われることもあります。

この他にも、生理前のイライラがなくなったり、肌荒れの改善、子宮体がんや卵巣がんの予防効果などもあります。
服用をやめると、排卵が再開して妊娠可能ですので、安心して使用できます。